HOME

助成対象詳細(Details)

   

2017 2017年度 研究助成プログラム Research Grant Program 2017  /  (B)個人研究助成  
助成番号
(Grant Number)
D17-R-0787
題目
(Project Title)
「野生」の価値とは何か?―北海道およびアメリカ合衆国ハワイ州における狩猟を事例に―
What is the Value of "Wild"?:Case studies of recreational hunting in Hokkaido, Japan and Hawaii, USA 
代表者名
(Representative)
安田 章人
Akito Yasuda
代表者所属
(Organization)
九州大学基幹教育院
Faculty of Arts and Science, Kyushu University
助成金額
(Grant Amount)
 1,400,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

北海道およびアメリカ合衆国ハワイ州では、増加した、あるいは島外から導入された野生動物を、食料およびスポーツハンティングのために資源利用することが進められ、新たな価値が見いだされている。しかし、経済的に偏重した資源利用では、持続可能性を保障することは難しい。また、野生動物管理や観光振興という言葉が地域社会で咀嚼されないまま、政策的にウエから降ってきても、ガバナンスは硬化してしまう。そのため、「地域社会や住民にとって、野生動物とはなにか」という、人びとの生活実践、歴史や文化とつながった地域社会の文脈に野生動物の新たな価値を「埋め戻す」発想が必要である。
 本研究は、北海道およびアメリカ合衆国ハワイ州における狩猟を事例に、理論研究、フィールドワーク、研究成果の還元と応答の3つを柱として、「野生」の価値を実証的かつ理論的に考察し、人と野生動物の共存関係の構築と持続可能な社会の創造に資する研究成果を目指すことにある。

 The number of Hokkaido Sika deer (Cervus nippon yesoensis) in Hokkaido, Japan has been increasing. In addition, in Hawaii, USA, "wildlife", such as deer, wild pig and goat, which has not existed there, spread over the islands. As a countermeasure for human-wildlife conflict, using them as food and hunting resources have promoted. However, only the economic aspect cannot ensure the co-existence between human and the nature. Therefore, we need to consider the mean of wild or wildlife for local community from the think of Adaptive Government. 
 This study aims to consider the values of wildlife for local community, using the fieldworks in Hokkaido and Hawaii, literature research, and returning the profit to society.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事