HOME

助成対象詳細(Details)

   

2018 2018 国内助成 [しらべる助成]      
助成番号
(Grant Number)
D18-LR-0024
題目
(Project Title)
地域農業の未来を探る調査 ―地域商社による農村イノベーションを目指す
代表者名
(Representative)
吉田 貴浩
代表者所属
(Organization)
KOMABAテラスプロジェクト実行委員会
助成金額
(Grant Amount)
 1,000,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

本プロジェクトの対象エリアである紫波町の「赤沢地区」は、町の東部に位置する丘陵農村地帯である。現在の地区の人口は1,129人(平成30年9月末現在)、高齢化率は39.06%だが、2030年には人口1,086人、高齢化率62.1%になると予測されている。 赤沢地区の主要産業は農業であり、その中でも主力品目はブドウやリンゴなどの果樹で、特にも紫波町のブドウ生産量は岩手県全体の生産量の1/2以上を占めている。従って、赤沢地区の持続的な発展は農業の発展抜きには考えることはできない。農業を基軸とした地域づくりを考えた場合、農業が単なる生産活動にとどまらず、農業を生かして地域の課題を解決し、農業を生かして地域の将来像を描いていく必要がある。 よって、本プロジェクトでは、まず現状の課題を的確に把握するため「農地利用意向調査」を実施し、近い将来の農地の利用状況を明らかにする。加えて「農作業に関わる労働力調査」を実施し、農作業に要する労働力を見える化し、体系化する。そのうえで、若手農家が主体となって地域課題を解決し、地域全体をブランディングしていく「地域商社」の立上げに向けて活動を展開する。

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事