HOME

助成対象詳細(Details)

   

2018 国際助成プログラム International Grant Program      
助成番号
(Grant Number)
D18-N-0089
題目
(Project Title)
インクルーシブ社会を目指すアジアの障害者リーダーの交流
Cross-cultural communication for the inclusive society by the leaders of Person with Disablity in Asia
代表者名
(Representative)
上野 俊行
Toshiyuki UWANO
代表者所属
(Organization)
東京大学先端科学技術研究センター
The Research Center for Advanced Science and Technology
助成金額
(Grant Amount)
 7,500,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

代表者は東アジアのバリアフリー研究をしている。日本ではバリアフリーという言葉が一般に認知され、障害をもつ人たちに配慮したバリアフリー化が進んでいる。しかし、途上国では経済的理由からバリアフリー化が進んでいない。不自由な環境でも、各地域の障害者は海外の支援を受け、生活環境を改善するための活動を行っている。自身も車椅子生活者である代表者は、不自由な環境で暮らす彼らを訪問し、現地調査を行ってきた。留学を経験した障害者リーダーたちは、欧米をモデルとすることで、自国とのギャップに戸惑い、海外で学んできたことを活かしきれていない。今回の交流では、欧米からアジアに視点を移し、各地域のリーダーたちの経験を共有し、自分たちが生活する地域の文化を活かしたバリアフリーを考えることから始める。経済負担が大きいバリアフリー化ではなく、地域住民と共にバリアフリーな社会を作ることを目標とする。

The Principal Investigator researches the “barrier-free” in Asia. This term is widely recognized by the residences in Japan. The reasonable accommodation is also provided for People with Disability (PWD) in Japan. On the contrary it is not same in the developing countries because of the economic reason even if PWD leaders strives to improve their life with the support from oversea. The Principal Investigator in a wheelchair visited PWD leaders in Asia for the research for PhD and noticed that they faced the social gap between their countries and the developed countries who support them. They can’t perform what they learned oversea. This project is that PWD leaders in Asia congregate and share the knowledge and experience of changing the society. The big point is that we don’t invite PWD from the Western countries. The Principal Investigator focuses on the culture and tradition of solidarity in Asia are strongly attributed to the barrier free more than the economic conditions. The goal is that the inclusive society with the barrier free in an Asian way.

ホームページへのリンクトヨタ財団WEBサイト内関連記事