HOME

助成対象詳細(Details)

   

2018 国際助成プログラム International Grant Program      
助成番号
(Grant Number)
D18-N-0192
題目
(Project Title)
アセアンにおける都市遺産の包括的理解と「事前保全」の実践
Comprehensive Understanding of the ASEAN Urban Heritage and Practie of “Advance Preservation”
代表者名
(Representative)
林 憲吾
Kengo Hayashi
代表者所属
(Organization)
東京大学生産技術研究所
Institute of Industrial Science, The University of Tokyo
助成金額
(Grant Amount)
 7,500,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

アセアン10か国のうち、フィリピン・マレーシア・シンガポール・ラオス・ブルネイの5か国を主要対象国とし、近現代の都市遺産に対する市民の保全意識を高めるための以下の3つの活動に取り組む。 ①各国の都市遺産台帳の作成と都市遺産の残存状況の包括的な理解。 ②一国の遺産ではなく、広くアセアンで共有しうる地域遺産という概念を育成し、アセアンさらにはアジアの地域遺産を世界に発信する。 ③取り壊しの危機が生じる以前から都市遺産の価値を顕在化させておく「事前保全」という新たな発想とそれを実現するためのツールの開発を、市民参加型ワークショップを通じて行い、アセアンで共有する。 この3つの活動を通じて、アセアン諸国が相互に協力、連帯しながら文化資源と共にある都市づくりを実現できる環境を整える。

To raise the ASEAN citizens’ awareness of the preservation of modern and contemporary urban heritage, this project will conduct the following three activities in the ASEAN countries with particular focus on the Philippines, Malaysia, Singapore, Laos and Brunei. 1) Preparing lists of urban heritage to comprehend its current situation in each country 2) Fostering the recognition that urban heritage belongs not only to a single country but to the ASEAN, and transmitting the ASEAN local heritage to the world 3) Developing the concept of “advance preservation” which makes the value of urban heritage tangible before it is threatened to be demolished and tools for its realization by workshop with local citizens With these activities, we aim at arranging an environment for the ASEAN countries to collaborate with each other for the achievement of urban environment with rich cultural resources.

ホームページへのリンクトヨタ財団WEBサイト内関連記事