HOME

助成対象詳細(Details)

   

2018 国際助成プログラム International Grant Program      
助成番号
(Grant Number)
D18-N-0198
題目
(Project Title)
地域コミュニティのための観光に着目する―タイとベトナムでの学び合い
Marking tourism works for local communities: A mutual learning from Vietnam and Thailand
代表者名
(Representative)
ファム・キエウ・オアン
Pham Kieu Oanh
代表者所属
(Organization)
CSIP
Centre for Social Initiatives Promotion (CSIP)
助成金額
(Grant Amount)
 7,200,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

東南アジアにあるベトナムとタイは、長い年月にわたって育まれた美しい天然資源と豊富な文化遺産に恵まれており、観光産業が成功する条件を備えている。結果としてどちらの国でもマスツーリズムが発達したが、マスツーリズムは地域経済には貢献しない。このような状況下で、「サステイナブルツーリズム(持続可能な観光)」または「レスポンシブルツーリズム(責任ある観光)」が、これまでの観光産業に代わるアプローチとして登場している。残念ながら、適切なサービスを提供できる業者が存在しないため、最初から成功しているプロジェクトはほとんど存在しない。これらの業者は通常、零細または小規模業者であり、知識も乏しく、国際市場ではほぼ無名で、事業拡大のための財源も十分ではない。問題解決のため、タイではLocal Alike、ベトナムではSapaO’chauのような社会的企業が、環境、社会、および文化の持続性を考慮した、コミュニティ・ベースド・ツーリズム(CBT)のモデルを構築して地域のコミュニティに活力を注入している。このプロジェクトの目的は、良質な経験を共有し、技能習得と市場へのアクセスのための学習プラットフォームを構築してCBTの実践者を強化することである。学習プロセスから得られるノウハウを駆使して構築されるパイロットCBTモデルは、ベトナムとタイでCBTを実践している人々のためのデモンストレーション・サイトとしての役割を果たす。

Located in South East Asia, Vietnam and Thailand inherit beautiful natural resources and rich culture heritage that enable tourism to thrive. Consequently, both countries witnessed the raising of mass tourism. It is worth noting that mass tourism has little contribution to the local economy. In this context, ‘sustainable tourism’ or responsible tourism is emerging as an alternative approach to tourism. Unfortunately, few projects achieve initial success due to the capacity of service providers. They are normally are micro or small enterprises which have very little knowledge, limited access to the international market and insufficient financial resource to grow their business at a scale. To address the problem, social enterprises like Local Alike in Thailand and SapaO’chau in Vietnam are empowering local community by building community based tourisms model (CBT) that takes environmental, social and cultural sustainability into account. The project aims to empower the CBT practitioners by sharing good practices, creating a learning platform on capacity building and market access. Lesson learned from the learning process will help to advocate stakeholders, including policy markers for a better development of CBT in the two countries.

ホームページへのリンクトヨタ財団WEBサイト内関連記事