HOME

助成対象詳細(Details)

   

2018 国際助成プログラム International Grant Program      
助成番号
(Grant Number)
D18-N-0219
題目
(Project Title)
アジア農村で暮らす今日的価値の再発見―日本、ミャンマー、ブータンの当事者的相互交流
Building of New Values Living in Rural Area in Asia: Practitioners' Exchange from Myanmar, Japan and Bhutan
代表者名
(Representative)
坂本 龍太
Ryota Sakamoto
代表者所属
(Organization)
京都大学東南アジア地域研究研究所
Center for Southeast Asian Studies
助成金額
(Grant Amount)
 7,000,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

日本の農村が抱える過疎、離農、高齢化の問題は、ミャンマー、ブータンにおいても共通の課題となっている。この課題を克服していくためには、過疎が都市と農村との「経済格差による必然的現象」であり、「理論的には当然である」という常識を打ち破る新しい視座が必要である。ブータンではGross National Happinessの開発理念と実践によりこの問題に取り組もうとしている。ミャンマーの指導者アウンサン・スー・チー氏も著書の中でその重要性について言及している。本プロジェクトでは、大学教員がリーダーシップをとり、対象地域の農業、保健、高齢者問題等に関係する村人、NGO、行政など異なるセクターの協働チームをミャンマー、ブータン、日本で組織する。各種プログラムの視察や高齢者ケアの実践活動への参加、ワークショップなどによる直接交流によって課題を双方向的に学び経験を共有する国際相互交流プログラムを実践する。

The issues of depopulation in rural villages, abandon farming, aging are getting visible not only in Japan but also in Myanmar and Bhutan. In order to overcome this problem, a new viewpoint is needed to break the common sense that depopulation is an inevitable phenomenon due to economic disparity between urban and rural areas, or it is natural in theory. In Bhutan, they are trying to tackle this problem through the philosophy and practice of Gross National Happiness (GNH). Myanmar leader Aung San Suu Kyi mentioned the importance of GNH in her book. In this project, members of universities take leadership and organize cooperative teams of villagers, NGOs and government officers who are in charge of projects related with agriculture, health, elderly issues in Myanmar, Bhutan, and Japan. The members will participate into practical activities of elderly care and workshops. We will practice international exchange programs that learn the issues interactively and share experiences through direct exchanges.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事