HOME

助成対象詳細(Details)

   

2018 2018年度 研究助成プログラム Research Grant Program 2018      
助成番号
(Grant Number)
D18-R-0022
題目
(Project Title)
防災価値の翻訳:日本とチリとの防災に関する国際協力における「遊び」の役割
Translating B?sai Values: Investigating the Role of ‘Playfulness’ in Disaster Cooperation between Japan and Chile
代表者名
(Representative)
渡辺知花
Chika Watanabe
代表者所属
(Organization)
マンチェスター大学 社会人類学部
University of Manchester, Department of Social Anthropology
助成金額
(Grant Amount)
 6,000,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

自然災害が世界中で多発している中、災害リスク軽減のためには国同士のベストプラクティスを共有することが必要だと言われている。例として日本とチリは長年防災の国際協力を実施してきた。しかし、防災の国際協力とは実際どのように展開されるのか。本研究は日本-チリ間の国際協力では防災につながる価値がどのように作られ、また作ることができるのか探る。特に、本チームの学際的・国際的コラボレーションを用い、ある仮説を検証する:子供向けのゲームなどの「遊び」を使ったアプローチが防災につながる価値の「翻訳」を可能にし、「備え」を異なる国の人々の日常生活に組み込む。災害文化の研究を文化人類学的な国際協力の調査と「遊び」の研究と連携させ、次の活動を行う。(1)日本の防災に関する考え方が「遊び」を通してチリの状況に翻訳される課程をエスノグラフィー調査で考察する。(2)日本の手法で防災のアナログゲームをチリのある都市の歴史的・社会的背景に合わせて創作する。防災の国際協力で生まれる価値のメカニズムを理解し、更には実践することで、本研究は「備え」が如何に文化 間の隔たりを超えて日常生活の一部となり得るかを明らかにする。

As ‘natural’ disasters multiply around the world, sharing best practices through international cooperation is seen as a key way to mitigate disaster risks across countries. Japan and Chile are good examples because they have been cooperating around disaster preparedness for decades. Yet, how does cooperation actually work?This project explores how values that strengthen citizens’ resilience on an everyday level are and can be created in cooperation efforts between Japan and Chile. Specifically, we build on our interdisciplinary and transnational collaborations to investigate one of our hypotheses: that ‘playful’ approaches such as using child-friendly games can be effective methods for translating values across countries and embedding preparedness in people’s everyday lives. Linking research about‘disaster cultures’ with anthropological analyses of aid and studies of‘play’(asobi), we will: first, produce ethnographic analyses of how ideas of bōsai (‘disaster risk reduction (DRR)’ in Japanese) from Japan are translated to the Chilean context across different scales through cooperation efforts that involve ‘playful’ approaches; and second, create a hands-on game about preparedness in Chile based on Japanese methods. By explaining and enacting a mechanism of value-creation in disaster cooperation, the project can help policy makers understand how to design effective cooperation programs.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事