HOME

助成対象詳細(Details)

   

2018 2018年度 研究助成プログラム Research Grant Program 2018      
助成番号
(Grant Number)
D18-R-0082
題目
(Project Title)
中国農村部における協働的プロセスによる学校づくりが地域社会に果たす役割
 
The Contribution of School Making Through Collaborative Process Towards Local Communities in Rural Area of China  
 
代表者名
(Representative)
範 懿
Fan Yi
代表者所属
(Organization)
九州大学 人間環境学研究院
Faculty of Human-Environment Studies, Kyushu University
助成金額
(Grant Amount)
 5,800,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

経済が急速に発展してきた中国社会では、都市部と農村部との間の経済格差が拡大すると伴に、教育力・学校施設の格差も大きくなってきている。国の政策として10年ほど農村小中学校の配置再調整が行われたが、多様な問題が発生したため一時停止された。一方、民間において、NGOやNPO等の「ソーシャルセクター」・専門家・地域社会の協力による民主主義的なプロセスを経て、地域社会に根ざした教育プログラム、そして画一的でない創意に満ちた建築空間を持つ従来の学校施設と異なる新しい学校が多く建設された。その中には、震災後に再建されたものも多い。そこで、本研究では中国の農村部において、民主主義的なプロセスによる、新しい学校のデザイン(建設方式・運営)が、地域・教育格差の是正、災害復興に果たす役割と可能性を検証し、ケースブック・映像作成と評価ワークショップを開催し、実践的提案を行う。これらは、経済や教育格差に囚われない、多様な課題を抱える農村での次世代学校建築モデルの提示、発展途上国での教育の機会均等、災害復興がルーチン化している日本に対する示唆、多様な人々が相互扶助的に共生する「社会の新たな価値」の創出に繋がる。

With the rapidly developing economy in China, the gap between the rich and the poor is becoming wider and wider. At the same time, the gap of education and school facilities between urban area and rural area is also widening. The readjustment of the arrangement of the rural primary schools had been carried out as a Country policy for about ten years, but it was stopped because it caused many problems. On the other hand, in rural area, with the help of architects, NGO and local communities, many creative schools have been built through the democratic process which is rare in urban area. And at the same time, many education programs connected with local culture and industry appeared. Therefore, the object of this research is the schools in rural area of China. The research includes: 1) verifying the roles and feasibility of the new school design (design/construction methods and operation) in closing the gap of education and reconstruction of post-disaster; 2) executing a casebook and carrying out valuation workshops; 3) carrying out a practical proposal. This research aims at providing equal opportunity in developing countries’education and disaster recovery in areas or countries like Japan in which disasters happen frequently.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事