HOME

助成対象詳細(Details)

   

2018 2018年度 研究助成プログラム Research Grant Program 2018      
助成番号
(Grant Number)
D18-R-0281
題目
(Project Title)
Generation After: The Reconstitution of Kinship and Family Relations in Post-Genocide Rwanda
Generation After: The Reconstitution of Kinship and Family Relations in Post-Genocide Rwanda
代表者名
(Representative)
Ms. Loes Loning
Ms. Loes Loning
代表者所属
(Organization)

School for African & Gender Studies, Anthropology & Linguistics, University of Cape Town, South Africa
助成金額
(Grant Amount)
 1,400,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

本人類学的研究プロジェクトは、おもに1994年のルワンダ大虐殺時に性的暴行によって生まれた若者の視点から、暴力の影響を受けたあと親族関係がどのように機能するかを探るものである。家族がどのように再構築され、理解されているかを、若者、家族、および彼らを支援する地元の団体の視点から調査する。この研究は、たとえば以下のような疑問に答えを提示する。暴力に満ちた状況の中で生まれる人間関係は、どのように日常に持ち込まれるのか。どのような形態の関係がありえるのか、ありえないのか、あるいは有効なのか、破棄されるのか。戦時下の性的暴行によって生まれた若者とその家族には、どのような結果がもたらされるのか。(傷つけられた、破壊された、もしくは生産的な)親族関係と、その関係が若者と彼らの家族(それがどう理解されていようと)に何をもたらし、何を奪い、何を可能にしているか、ということに関する民族学的研究は、性的暴力から生まれた子どもたちの実体験と、彼らが紛争後の社会にどのように受け入れられているかについて、重要な示唆を与える。
 本プロジェクトは、暴力の後に「世界を再構築する」という考えと、社会的価値を日常のなかで形づけられる折り合いのついた経験として探求するという考えとを組み合わせることによって、親族関係と暴力の人類学に関する理論的議論に貢献するだろう。この研究はまた、性差に起因する暴力や、生存、そして繊細な社会的関係の構築に関するグローバルな議論にも貢献するだろう。
 

This anthropological research project explores how kinship works in the aftermath of violence, especially from the perspectives of young people born from rape during the Rwandan genocide in 1994. It investigates how family is reconstituted and understood, from the perspectives of young people, families, and local associations that support them. The research finds answers to questions such as: How are relationships that derive from violent circumstances brought into the everyday? What forms of relationships become possible, impossible, enabled or dismissed, and with what consequences for young people born of wartime rape and their families? An ethnographic study regarding (broken, fractured or productive) kinship relations and what these relations entail, curtail or make possible for these young people and their families (however understood) provides significant insight into the lived experience of children born from sexual violence and how they are absorbed into post-conflict societies. This project will contribute to theoretical debates concerning kinship and the anthropology of violence by combining ideas of “remaking worlds” after violence with ideas that explore social values as negotiated experiences shaped through the everyday. The research will also contribute to global conversations on the gendered consequences of violence, survival, and the delicate construction of social relations.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事