HOME

助成対象詳細(Details)

   

2018      
助成番号
(Grant Number)
D18-ST-0008
題目
(Project Title)
人工知能の倫理・ガバナンスに関するプラットフォーム形成
Building platform on ethics and governance of artificial intelligence
代表者名
(Representative)
江間 有沙
Arisa Ema
代表者所属
(Organization)
東京大学 未来ビジョン研究センター
The University of Tokyo, Institute for Future Initiatives
助成金額
(Grant Amount)
 7,000,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

人工知能の倫理、法、社会的な課題に関しては国内外で産学官民の様々な議論が展開されている。しかし、国内においてその議論の多くは「原則論」にとどまり、具体的なベストプラクティスに落とし込む作業は、まだまだ調査研究の余地がある。海外においては Partnership on AIや大学などにおいて様々なツールキットやチェックリストの調査研究が行われているが、これに対しても日本の文化や法体系、慣習に即した議論を行う必要がある。本プロジェクトでは、現在日本に形成されている異業種・異分野のコミュニティを有機的にまとめあげ、国内の産業に対する現場調査、人工知能技術が導入されているフィールド調査やインタビュー調査などを行い、継続的に議論をしていくプラットフォームの形成を目的としている。調査報告や活動を異分野・異業種のメンバーと行うことでコミュニティを形成し、若手研究者/実務者の育成を図ると同時に、産学官民との連携拠点の 1 つとなることで、連携・協働しながら成果や提言の発信も視野に入れる。また、国際的なネットワークに組み込むことによって、日本としての情報発信も行っていく予定である。

Regarding the ethical, legal and social implications of artificial intelligence (AI), various discussions among the government, industry, academia and public are underway in Japan and abroad. However, in Japan, much of the discussion remains "principle", and the task of putting it into concrete “best practices” is still ambitious research. In overseas, not only research but also various tool kits and checklists are created by organizations such as “Partnership on AI” and universities. However, it is also necessary to discuss in conformity with Japanese culture, legal system, and custom. In this project, we aim to organize the communities of different disciplines and fields which are currently formed in Japan, conduct filed studies on domestic industry, and to form a platform to discuss the issue. We will formulate a community with members of different fields and industries involving young researchers and practitioners. Also, by releasing research report and proposals in English with international collaborations, we would like to form international and interdisciplinary network.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事