HOME

助成対象詳細(Details)

   

2019 国際助成プログラム International Grant Program      
助成番号
(Grant Number)
D19-N-0032
題目
(Project Title)
東南アジア大陸部の古代遺跡・治水術から学ぶ地域適合型水資源管理システムの実現
Community-based Utilization of Ancient Water Resource and Management System of Mainland Southeast Asia
代表者名
(Representative)
柴山 守
Mamoru SHIBAYAMA
代表者所属
(Organization)
京都大学
Kyoto University
助成金額
(Grant Amount)
 7,200,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

本プロジェクトは、東南アジア大陸部のタイ、カンボジア、ミャンマーにおける洪水や干ばつを防ぎ、地域の地勢、文化・慣習・生活に適合した持続可能な水資源・管理システムの在り方について、地域コミュニティに提言し、対話を介して実現の方法を探る。特に東南アジア地域における乾・雨季の水収支の差異から災害を防ぐ治水管理は困難を極めるが、一方で古代遺跡等の調査から災害を回避するための知識・知恵も学ぶことができる。本プロジェクトでは、地域コミュニティと学生、研究者が協力して古代の水利システムを相互に学び、地域に適合した活用と災害リスクを回避する水利システムの実現について検討する。その活動は、1)歴史的遺跡を踏査し、観察と分析を介した地形的・歴史的特性のモデル化。2)地元住民へのインタビューと議論。3)地域に適合する計画の提案等を行う。また、地方自治体や若い学生向けの教育資料の作成、学術データベース構築を目指す。

The focused issue of this project is how to prevent flood and drought in Mainland Southeast Asia: Thailand, Cambodia and Myanmar. We plan to collaborate with the locals, students and researchers from diverse backgrounds and to mutually learn the ancient water management system. Their activities and outputs are, 1) visit to heritage sites to observe the geospatial environment and to model topographical and historical characteristics, which will be a base to propose a better water management system 2) interviews and discussion with the locals 3) customized plan to the local authorities, education materials for young students and promotion at EXPOs, as well as academic database and article. By doing so, the purpose of the project is to utilize the regionally specific and sustainable water management system in the targeted areas at present. In the future, this project can be developed to cover different communities in other countries along Mekong river and ASEAN+3 wide.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事