HOME

助成対象詳細(Details)

   

2019 国際助成プログラム International Grant Program      
助成番号
(Grant Number)
D19-N-0096
題目
(Project Title)
日本への公平な移住労働の促進に向けた送り出し国のキャパシティーの強化
Enhancing the Capacity of Countries of Origin in Facilitating Equitable Migration to Japan
代表者名
(Representative)
針間 礼子
Reiko Harima
代表者所属
(Organization)
メコン移住ネットワーク
Mekong Migration Network
助成金額
(Grant Amount)
 9,500,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

このプロジェクトは、移住労働をもっと公平な経験に変えていくことによって、社会をより包括的なものにしていくことに貢献しようとしている。日本への移住労働が増加傾向にある一方、移住労働を促進するにあたっての経験やキャパシティーが限られていることを考慮して、ミャンマー、カンボジア、ベトナムの三か国にこのプロジェクトは焦点を置く。移住労働への取り組みについて相互から学び、共同でグッドプラクティスや反省点を特定し、さらに共に提言を作り上げていくことを目的に、プロジェクトメンバーによるミャンマー、カンボジア、そして日本への訪問を行う。また、このプロジェクトでは、日本への移住労働に関して認識を高めるための短い映画、グッドプラクティスや政策提言を提示したアドボカシーペーパー、そして日本へ移住労働に行く人たちをサポートするミャンマー、カンボジア、ベトナムにおける市民団体のためのハンドブックを作成する。このプロポーザルは、急激に増えつつある日本への移住労働に対応するにあたって、メコン地域の送り出し国側の市民団体の知識、経験、キャパシティーが限られている現状を踏まえて、現地の市民団体が共同で特定したニーズに基づいている。プロジェクトの成果物には波及効果があり、日本への移住労働を適切に促進していく送り出し国のキャパシティー全体が強化されることが期待される。

The proposed project aims to contribute towards a more inclusive society by making migration a more equitable experience. It will focus on migration from Myanmar, Cambodia and Vietnam to Japan, in light of the growing trends of migration from these countries and given the limited experience and capacity of these countries of origin in facilitating migration. Country visits will be organised to Myanmar, Cambodia and Japan to facilitate mutual learning on responses to migration, collectively identify good practice and lessons learnt, and develop recommendations. The project will produce a short film on migration from these countries of origin to Japan to raise awareness, publish an advocacy paper presenting good practice and recommendations and develop a handbook for civil society organisations (CSOs) in Myanmar, Cambodia and Vietnam who will provide support to migrants going to Japan. The proposal is based on the needs collectively identified by CSOs in the region, given the limited knowledge, experiences and capacity of CSOs in responding to the rapidly growing trends of migration to Japan. The outputs are expected to have ripple effects and enhance the capacity of the relevant countries of origin to adequately facilitate migration to Japan.

ホームページへのリンクトヨタ財団WEBサイト内関連記事