HOME

助成対象詳細(Details)

   

2019 2019 イニシアティブ助成      
助成番号
(Grant Number)
D19-PI-0015
題目
(Project Title)
プロスポーツ選手の「2つの引退」から、働き方と社会保障の関係を考える:イノベーティブな社会を支えるために
Social Security for the Innovative Society: From the Perspective of “Two Retirement” of Professional Athletes
代表者名
(Representative)
山下 慎一
代表者所属
(Organization)
福岡大学法学部
助成金額
(Grant Amount)
 4,760,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

本研究は、プロスポーツ選手が直面する「2つの引退」における困難を網羅的に調査し、解決を目指すものである。
日本の社会保障制度は「労働者(被用者)」を中心とした仕組みとなっており、自営業者への社会保障は乏しい。日本では、多くのプロスポーツ選手がではなく「自営業者」とされる結果、スポーツからの引退(引退①)では雇用保険給付が受けられず、老齢による職業生活そのものからの引退(引退②)では、月額5万円程度の国民年金しか受け取れない。その実態と各スポーツ選手会における自助・共助の実践、海外における対処法を調査し、世界に先駆けて理論体系を作る。
TOKYO 2020の開催という時機も相まって、本研究により、プロスポーツへの理解が深まり、日本におけるスポーツ文化が多元・重層化する(新たな価値1)。さらに本研究は、自営業者と労働者の区別の正当性や、働くことと生きることの関係、AIと人間の共存などの問いを社会全体に投げかけ、具体的な政策提言を実施する。このことは、誰もが形式的な働き方に拘らずにチャレンジする、イノベーティブな社会の基盤になりうる(新たな価値2)。
 

Regarded as self-employed workers (or “non-employee”) in Japanese social security system, professional athletes suffer from “two retirement”.
One is the retirement from the world of pro-sport (at their 30s. They have to move into the employment/labor market. I call it “1st retirement”), and the other is that from work life (at their 60s. Age of public pension〔annuity〕. “2nd retirement”). Athletes cannot be eligible for Employment Insurance Allowance when they face 1st retirement. At their 2nd retirement, athletes receive only a basic part of public pension. This study will clarify the reality of their difficulty and the way they cope with it (ex. self-help and the role of players union).
This study will develop the understanding of athletes’ lives and enrich sports culture in Japan (a new value). Also, by putting questions about the distinction between employee and non-employee, the relation between life and work, and the coexistence with A.I., it provides the basis of free and innovative society (a subsequent new value).

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事