HOME

助成対象詳細(Details)

   

2020 国際助成プログラム International Grant Program      
助成番号
(Grant Number)
D20-N-0138
題目
(Project Title)
地方在住インドネシア人と地域の人々が協働してつくりだす「外国人材でつながる」文化
Creating "New culture" through community art projects by Indonesian workers and local people in rural Japan
代表者名
(Representative)
渡辺裕一
Yuichi Watanabe
代表者所属
(Organization)
特定非営利活動法人地球対話ラボ
The Laboratory for Global Dialogue
助成金額
(Grant Amount)
 9,000,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

実習生などの外国人材が増え続ける中、彼らをどう受け入れるかという実践は、自分たちの社会をどうしていきたいかということにほかならない。外国人材の送り出しと受け入れを通じ、現状では単なる労働力のやり取りの域を出ない気仙沼と東ジャワ・ポノロゴという2地域の関係性を、固有で価値ある文化創造の機会へと転換していくことを目的に、双方でコミュニティアートプロジェクトを展開する。外国人材へのインタビューなどの基礎情報の収集や、継続的に行う居場所づくり、双方の祭りに互いの要素を取り入れ合うプロジェクトや制作自体も協働の場となるドキュメンタリー制作、プロジェクトチームによる相互訪問など、2年間にわたりスパイラル状に積み上げていく相互交流により、日本とアジアの、実習生をきっかけにした文化創造プラットフォームを構築していく。

The number of Indonesian workers is increasing. How to accept them is nothing more than what we want to do with our society. At present, the relationship between Indonesia and Japan through workers is not fruitful. We aim to transform the relationship between the two regions of Kesennuma and East Java Ponologo into an opportunity to create a unique and valuable culture, and we will carry out a community art project on both sides. For two years, we will conduct interviews with workers, create places for interaction with them, projects related to each other's festivals, documentary production, and mutual visits by the project team. Through this, we will build a culture creation platform in Japan and Asia, triggered by workers.

ホームページへのリンクトヨタ財団WEBサイト内関連記事